種類別口臭対策

生ごみの様な口臭の原因と対策

一口に口臭と言っても、その種類や原因は色々と考えられます。さらに、この口臭の原因によっても対処法が異なってきます。

ここではこの様な口臭の中で特に「生ごみの様なにおいについて」その原因や対処方法などを探ってみたいと思います。

生ごみのような口臭の原因

はじめに簡単に口臭の原因について解説します。

生理的口臭

起床時や空腹時、さらに、緊張した時など口が乾く経験がありませんか?このような時は口臭が強くなることがあります。この口臭を生理的口臭と呼びます。

生理的口臭の原因としては唾液の分泌が減少することに起因します。唾液には消化を助けたり口腔を保護する作用等の他に、口の中を洗浄、自浄(きれいにする)する作用があります。この洗浄、自浄する作用により口腔内の細菌を洗い流し減少させたり、口臭の原因を減らす効果があります。

 食事による影響

ニンニクやニラ、ネギなどを食べた後や、お酒を飲んだ後、タバコを吸った時等は口臭が一時的に強くなります。これも誰でもある口臭です。独特の臭味がある食事の後やお酒を飲んだ後タバコを吸った時は特に注意しましょう。

 病気による影響

代表的な口腔の疾患が歯周病です。歯周病になると口臭が強くなり、そして、まさに「生ごみの様なにおい」の口臭となることが多いです。これについては後で説明します。

その他の病気などが原因の口臭としては、呼吸器系の病気としては肺結核、気管支炎、気管支拡張症、肺ガンなど、消化器系の病気としては胃炎、胃潰瘍、胃下垂、胃ガン、十二指腸潰瘍、食道気管支瘻、逆流性食道炎、食道ヘルニアなど耳鼻咽喉系慢性鼻炎、蓄膿症、アデノイド、扁桃炎、咽頭膿瘍、咽頭ガン、副鼻腔炎など、さらには、肝臓の病気に由来する場合や腎機能障害、糖尿病も原因となることがあります。

 舌苔(ぜったい) による口臭

舌の表面に白っぽいものが付着することがあります。これは舌苔(ぜったい)と呼ばれているもので口臭の原因になり、しかも口臭の原因として一番多いともいわれています。

ストレスによる口臭

ストレスによっても口臭は発生します。それは、ストレスにより自律神経というものが不調をきたします。自律神経には交感神経と副交感神経がありまして、ストレスにより交感神経が有利に働きます。副交感神経は唾液を分泌する作用がありますので、交感神経が有利に働くと唾液の分泌が減少して、口臭の原因となります。生理的口臭と同じような口臭につながりやすいというわけです

 血液中の成分が口臭となる

血液中の成分が口臭の原因となることがあります。つまり、血液中にある種の成分が増加することにより、その成分の臭いが肺で空気に混ざり呼吸から出てくるからです。

たとえば空腹時には脂肪がエネルギー源として使われ、肝臓がケトン体という物質を作り血液中に放出します。このケトン体の量が増えすぎると甘酸っぱ臭いのするアセトン臭の口臭となります。同様に肝機能低下によりアミン臭がし、腎機能低下の場合はアンモニア臭さらに糖尿病の場合にもアセトン臭などの口臭が知られています。

生ゴミの様なにおいの口臭について

それでは「生ごみの様なにおいの口臭について」原因などを探ってみます。

口臭の成分は約20種類ほどあるといわれています。この中に「生ごみの様なにおい」の口臭を発生させるものがあります。

生ゴミの様なにおいが強い口臭は、歯周病(歯槽膿漏)・歯肉炎・虫歯といった口腔内トラブル原因の一つだと考えられます。

さらに、舌苔(ぜったい) による口臭も生ごみの様な口臭になります。その理由としては、これらの臭いの元は、口の中に常在している細菌の一種である、嫌気性菌により発生するメチルメルカプタンやジメルサルファイドというガスによるからです。この様なガスが、生ゴミのような酷いにおいを持っているのです。

それでは、生ゴミの様なにおいについて原因をもう少し掘り下げます。

生理的口臭の原因は、口の中に存在する300400種類の細菌の中でも嫌気性菌によるものと説明しました。この嫌気性菌は歯垢や舌苔の中に存在します。

嫌気性菌が食べカスや口の粘膜などが剥離して、その中のたんぱく質を分解することによりメチルメルカプタンやジメルサルファイドを発生させることにより生ゴミの様なにおいの口臭が発生します。

その臭いの原因物質は揮発性硫黄化合物VSCVolatile Sulfur Compounds)と言うものです。

VSCは硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドという3つの揮発性のガスで、それぞれこのガスは特有の臭いががありますが、その中でも硫化水素とメチルメルカプタンで約90%占め、これらのガスが混ざり合って、特に強い生ごみの様な口臭になります。

温泉が好きな方、硫黄泉や各地にある地獄谷等と呼ばれる場所には独特の臭いがありますね、これは硫化水素の臭いで口臭よりは軽いですけれど同じような感じがしませんか?VSCは硫黄化合物の臭いに似ていますね。

さらに、メチルメルカプタンも口臭の原因物質で、野菜や魚が腐ったような臭いがします。硫化水素よりも臭いが強いのが特徴で、歯周病が進行すればするほど嫌気性菌がメチルメルカプタンを発生してガスの濃度が高くなっていきます。

嫌気性菌とは

それでは、嫌気性菌について少し説明します。細菌は生きてゆくのに酸素を必要とすることが多いですが、嫌気性菌は酸素を必要としない細菌のことです。

嫌気性菌にも通常嫌気性菌と言う酸素存在下でも生きていける菌と酸素があると死滅してしまう偏性嫌気性菌に分けられます。酸素を必要とする菌は好気性菌と呼ばれています。

歯周ポケットができるとこの中は酸素が非常に少ない状態となるので、嫌気性菌が好んで棲みつき、歯垢を作り口臭の原因となるVSCを発生させ「生ごみの様なにおいに」の口臭の原因を発生させます。

歯周病による口臭

歯周病による口臭の原因は、嫌気性菌だけでなく様々なメカニズムによって発生しますが、その中でも原因の一つとして挙げられるのが膿です。

歯周病による歯茎の炎症がひどくなると、歯茎のなかの歯根膜が破壊されて膿が生成されます。この膿が臭いのがきつい口臭の原因となるのです。なお、一般的に歯周病が進行するほど、口臭も強くなっていきます。

 個人差はありますが、歯周病がひどくなってくると、話している相手がすぐに気付くほど強い臭いを発するようになります。

この臭いもVSCで原因はやはり嫌気性菌によります。

舌苔(ぜったい) による口臭

さらに口臭の原因で細菌が関係するものに舌苔(ぜったい)があります。皆さんは、舌の表面に白いものが付着するのを経験したことがあると思います。

これは舌苔(ぜったい)と呼ばれているもので、VSC(揮発性硫黄化合物)の一種です。当然の事ですが、歯垢と同じような嫌気性菌の固まりで、口臭の原因になります。

口臭の原因で60%を占めるともいわれていて、舌苔を掃除することで口臭も軽くなります。舌苔を除去しより良い口臭の予防に心掛けましょう。

最後に歯と舌のブラッシングについて

「生ごみの様なにおいに」の口臭の原因は嫌気性菌によるところが多い説明してきましたが、嫌気性菌が存在する歯垢や舌苔を取除く事で口臭を軽くすることができます。

もちろん歯周病が進行した場合は歯科の受診が必要になりますが。

歯のブラッシングによる歯垢を除去には適切なブラッシングが必要になります。さらに、

殺菌成分にくわえ、歯垢や舌苔をはがして分散させる機能のある洗浄成分(ポリリン酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウムなど)が配合されたハミガキ剤を使用してブラシイングを行うと歯垢を除去して口臭を予防するのに有効です。

さらに、舌のブラッシングですが、舌の清掃の方法としては、舌ブラシがあります。タオルなどで清掃する方法もありますが、専用の舌ブラシを使うとより効果的です。

ハブラシは舌に対しては硬さがあるので、舌を傷つけてしまう恐れがあり不向きです。

歯垢の除去と舌苔の除去により口臭が減少することは確実です。